| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英国旅行・・・最後の夜

バスでマンチェスターのホテルに戻ったのが夕方
夕食までの1時間ほどでもう一度昨日のお店を探しに出かけました。

どうせなら昨日と違う道を歩きましょう。

街角


この街は赤っぽい建物が多いです。
夕方で帰宅ラッシュなのでしょう。
人もたくさん歩いていました。

アートホール

ここはアートホールみたいでしたがすでに閉館(笑)
そこにトラムが走ってきたのでこんなショットになりました。
観光地とは違ってそこに暮らしていて
日常を送っている人の中を歩くって新鮮でした。
そういえばコンビニも面白かったですよ。

バス


おっ!
ロンがいるじゃないか!

道しるべ


ささっ・・・早く目的地に行かなきゃね

でも地図で教えてもらった場所にいけどもそれらしきショップは見当たらないのです。
ショップや何とかセンターっぽいところもない!
っていうかみんなおなじような重厚な建物で
日本のような看板も見当たらないのです(ё_ё;)


豪華な建物


そんなわけでただの「街歩き」で終わったのでした。
悔しいのでウィンドーに貼ってあったポスターをパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)
(地元の人に笑われてしまったけどね)

ポスター

やはり英語が話せたらなぁ~


この日の夕食はホテルのレストランです。
イギリス最後の夜に落ち着いた夕食♪

隣の席には私たちと同世代のFご夫妻です。
観光初日にカメラが壊れて困っていたFさんに
夫がカメラを貸ししていたので
そのお礼にビールをご馳走していただきました。

Fご夫妻はこの日が結婚25周年のアニバーサリーだったんです。
それでこんどは私たちがご馳走することになり話が弾みました。
すでに8時を過ぎて他のツアーの方はお部屋に戻ってました。
添乗員のMさんも業務時間は終わったので
夫の同級生として会話に参加♪(Mさんが同級生だと知ってF夫妻はすごく驚いていました)

昔話やら仕事、家庭の話
ツアーのこぼれ話などなど・・・イギリス最後の夜は思いがけなく盛り上がりました。

部屋に戻ったのはたしか10時を過ぎていましたが
夫はホテルの夜景を撮影したいと出かけていきました。

ホテル夜景

そしてこれがホテルの真向かいにあった「パブ」

パブ


どうせならここでお酒を飲めばよかったねって
帰国してから悔やんだのでした。

明日はロンドンです。
そして夕方には帰国します!

| イギリス旅行 | 16:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英国旅行・・・ピーターラビット

レイククルーズが終わりいよいよ「アフタヌーンランチ」に向かいます。

クルーズ終点


なんとあの正面の丘にみえるホテルでランチなんです!

ランチホテル


お~なんて素敵なんでしょうヽ(*´∀`)ノ
セレブな気分ですよん♪
しかもここからウィンダミア湖を一望できます。

ホテルからの眺め


小さなキャンバスに絵を描いている人がいたり
お庭を散策している人がいたり

お庭


よく手入れが行き届いたホテルでのアフタヌーン・ティーランチは
丸いテーブルに10名ほど座っていただきました。
それでちょっと写真撮影は出来なかったのですが
なかなか美味しかったですよ。

驚いたのはサンドイッチにマヨネーズが入ってないこと(笑)
バターだけでも美味しいんだねぇ。
本場のスコーンもいただきました。
スコーンにトッピングするジャムと
サワークリームをホイップしたようなクリーム(?)
これが絶品なんですよ。
あれ日本にも売ってないかな?

ホテルを出て街を歩きます。

看板


小さなコテージやレストランがどれも可愛くて

レストラン

キョロキョロしてしまいます。
するとこんな看板が(* ̄ω ̄)

ピーター


そうだそうだ!
このあたりはピーターの故郷だったよね。
グッズのショップがあるんですね。
でも日本のようにどこもかしこも売っているわけじゃないのがいいなぁ~

この隣には「ワールド・オブ・ビアトリクス・ポター」があります。
ピーターの作者ビアトリクス・ポターのお話を再現したアトラクションです。

エントランス


ピーターのファンが世界中からやってくるみたいです。
小さな子供がたくさんいて可愛かったです。
最初にビデオで説明が日本語でありました!
イギリスの親子も一緒に見ていたけど
日本語わかんなくてもキャラクターが出るたびに名前を叫んでいて可愛かったよ。

お話1


撮影オーケーのところが多かったので
バシバシ写してしまいました。

ネズミ


絵本で見たことのあるシーンがリアルに再現されていて

ママと


すっかり世界に入り込めます。

出口近くにはお約束のミュージアムショップがあり大人気でした。
孫でもいれば・・・ピーターのぬいぐるみやベビー服を買うのになぁ~
チェッ・・・もうぬいぐるみって年でもないし・・・
どうする?

やっぱり、要らない!
と葛藤していると・・・
それを見ていた夫が後から手のひらサイズのピーターを買って来てくれました。
「記念だしね。」

そうだよね。
小さなピーター、一緒に日本へ帰ろうね♪

この日はこの後マンチェスターのホテルに戻りました。
夕方には昨日の続きでショップ探しに出かけなきゃ!

| イギリス旅行 | 20:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英国旅行・・・湖水地方(トーマス)

旅行4日目です
今日は1日フリータイムなのですが
ツアー客全員が「憧れの湖水地方終日観光」のオプショナルツアー参加です。

クラシカルなホテルの優雅なイングリッシュブレックファストを急いで食べて出発です!

湖水地方
イングランド北西部のカンバーランド一帯を指す。
山々に囲まれた大小の湖が点在し、穏やかな美しさが魅力的。
ピーターラビットの故郷でもある。



バスはこれぞイギリスと思われる景色の中を駆け抜け(ヒツジがかわいいのだ)

車窓のヒツジ


湖水地方に向かいます・・・・え~と
湖水はどこ?

倉庫

なにやら倉庫みたいな場所ですが・・・



標識駅

え~と・・・なになに・・チケット?

機関車

これ「機関車トーマス」ではありません?


そばにはこんな素敵な駅舎がありましたヽ(*´∀`)ノ

駅舎


ギフトショップも兼ねているカワイイ駅舎です。


「ハバースウェイト鉄道」という保存鉄道なんですよ。
イギリスには100以上の保存鉄道があって
ほとんどがボランティアで運営されているそうです。
さすがトーマスのお国ですね。

駅舎内


駅のホームには

ふくろう大

まるで駅長さんみたいにふくろう君が!
しかも4羽もいたんですっ(* ̄ω ̄)

ふくろう小

こいつが一番チビちゃん♪
なにやら・・・保存の寄付を募っていたので
小銭を入れてきました。


これから機関車でウィンダミア湖に向かいます



| イギリス旅行 | 19:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英国旅行・・・マンチェスター

集合場所のタウンホールは大聖堂の近く
まだ20分くらい時間があるぞ!

c町並み

チェスターの街が名残惜しい私たちは
古い町並みの中に見つけたスターバックスでコーヒーを飲みました。
(この通りにあるのですが近くに行かないとスタバとわかりません)


そしてこの後は今夜の宿泊地「マンチェスター」へ向かいました。
「マンチェスターユナイテッド」のサッカーチームで有名ですよね。
どんなところかな?


こんなところでした!

パレスホテル


このクラシカルな建物が今夜のホテルなんですって♪
スゴイ!・・・お化け出るかも(笑)

ホテルの中も年代を感じる装飾です。

天井
 
フロントの天井はこんな感じ♪
部屋もバスルームもそれはクラシカルでしたよ。
そんな装飾に感激しながらも夕食の時間まで1時間
慌ただしく街歩きに出かけます。
「マンチェスターユナイテッド」のグッズを探すためです。


フロントでグッズショップは近くにあるかと尋ねると
15分くらい歩いたところにショッピングセンターがあるので
そこのスポーツショップにはあるかもと教えてくれました。
でも5時で閉店かもしれないらしい・・・(ё_ё;)
すでに5時近いんですけど・・・
コピーした地図にルートを書いてくれたので
とにかく急いで出かけてみることにしたのです。

マンチェスターには連泊だったので
今日がだめでも、明日の夕方に行けばいいし
場所だけでも確認したい!

急げ急げ!

おぉ~マックがあるぞヽ(*´∀`)ノ

マック



わぁ~「マンマミーア」やってる♪

シアター

字がかすれて読みにくいマップを片手に
ウロウロキョロキョロしているジャパニーズ(笑)

トリム

わぁ~「トリム」が走ってるんだ♪
ヨーロッパの街にはトリムだよねぇ~なんて
写真を撮っている場合ではないぞ!
急げ急げ!

マンチェス町並み

なんとかマップにマークしてくれた場所までたどり着いたのですが
見渡してもショッピングセンターらしいものも
デパートのような建物も見つからず
時間切れで引き返しました_| ̄|○


夕食の集合時間に何とか間に合って
さあビーフシチューを食べるために
再びバスでレストランへ

レストラン

こじんまりとしたレストラン&ホテル
バスの運転手さんとも同じテーブルで楽しいお食事でした。
隣の部屋では結婚のパーティみたいなのをやってましたよ。

慌ただしくも楽しい1日
何とか英語で会話が通じたし
楽しいぞ・・・イギリスヽ(*´∀`)ノ

| イギリス旅行 | 17:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英国旅行・・・チェスター(後編)

行きたかったところと言うのは「チェスター大聖堂」


Mさんが城壁に案内してくれた途中で見たのですが
それはそれは古い立派な聖堂だったのです。

今回のツアーには教会などの内部観光がありません。
ヨーロッパの本場の教会♪
テレビでよく見るステンドグラスの窓♪
見てみたかったのです!
写真で見るのとは絶対に違う・・・荘厳な空気を感じてみたかったのです。
その憧れの聖堂がチェスターにあった!

もう行かなければなりませんよ。
自由時間が1時間半だったのが幸いしました。
さぁ~いざ大聖堂へ・・・

大聖堂


チェスター大聖堂
 
赤い砂岩で造られた寺院は1250年頃から250年もの歳月をかけて完成した
華麗なステンドグラスは必見!



聖堂の周囲は市民の憩いの場になっています。

DSC02536_3.jpg


拝観の入り口をやっと見つけ
5£の拝観料を払うとなんと日本語の「参観のしおり」をいただきました♪

わくわく・・・

DSC02550_2.jpg

ヒンヤリとした廊下を進むとすぐに憧れのステンドグラスにご対面(* ̄ω ̄)

手の届きそうな距離で眺めることが出来ます!

DSC02547_1.jpg


そしていよいよ本堂の中へ

           DSC01083_2.jpg


おおっ!
高い天井・・・荘厳な空気!

写真ではそのスケールをお伝えできません。
自分の足音を響かせながら上ばかり眺めてしまいます。

そして高い窓にはもちろんステンドグラスです

DSC02569_5.jpg

アーチの窓にはそれぞれ素晴らしいステンドグラスがはめ込まれていました。
文字が読めなかった人々が
この窓をみて聖書の教えを理解したのでしょう。

DSC01109_1.jpg

礼拝堂が幾つもありました。

DSC01101_3.jpg

教会とは縁のない私ですが
感動いっぱいでした。


DSC02576_7.jpg




見るもの全てが初めてのものばかりで
聖歌隊が歌うところなのかな?とか


DSC02577_6.jpg

人々が集っているところを想像しながら歩きました。


中庭の庭園も素敵でしたよ。

DSC01112_4.jpg

あの窓にステンドグラスがはいってたんだよね・・・
外からではうかがい知れないよね・・・っと感心している私
(買い物しすぎだろう!)

さてそろそろ
集合場所のシティホールへ戻ろうかな

| イギリス旅行 | 09:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT