PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英国旅行・・・アイアンブリッジ

3日目の朝・・・5時に夫の携帯電話で目が覚める!

会社関係の電話でしたが
今何時だと思ってんだ(*`н´*)=3
と怒りたいのですが日本はお昼なんだよね・・・(ρω・).。o○

頭痛がするので私は朝食直前まで寝ていました。
夫はホテルの庭でリスを発見したそうですよ。

この日は朝から快晴
バーミンガムを出発します。

高速フェンス

イギリスの高速道路は無料です。
料金所がないため、いつ高速に入ったのかわかんないです。
信号機がないし・・・こんなフェンスがあるので多分・・・高速道路(* ̄ω ̄)

でもこの木製のフェンス・・・いいですね。
自然に溶け込んでいて大好きです。

お~こんなかわいいトラック発見(´ε`*)チュー♪

猫トラック

バスの窓からカメラ構えて忙しい私(笑)



案内板


今から向かうは「アイアンブリッジ」です

アイアンブリッジ
産業革命時代の1779年に造られた世界最古の鉄橋で、1986年に世界遺産に登録されている。



DSC01020_1.jpg

おしゃれなこの鉄橋は現在、歩行者のみ渡る事が出来ます。

橋の手前には雰囲気のあるホテルや
高台には教会のような建物も見えます。

アイアンブリッジの街並み


橋を渡って向こう岸からは
街が見渡せます。

遠景


橋を渡って散策すると
こんな看板が

ホテルの看板

駅前のホテル!
ここに鉄道が通っていた証拠です。

ステイションホテル

今は廃墟となっていました。


こんな光景もとても自然ですね。

乗馬


この日のランチは「フィッシュ&チップス」

マッシュポテト

のはず・・・なのに
お店の手違いで「ソーセージ&マッシュポテト」が出てきました!

添乗員Mさん慌てていましたが
最終日に「フィッシュ&チップス」を食べることが出来るように手配してくれました。


旅には予想外の出来事がつき物ですもんね。


ランチの後お店の周りを散策してふと気が付いたのですが

信号機

イギリスの信号機・・・低っ!

| イギリス旅行 | 14:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ。
うふふi-190 時差ですもの仕方がないですよねi-229
旅も ずい分慣れた感じになってますね~i-234
バスの中から シャッターチャンスを狙ってるなんてi-68
さ・す・がですぅ~v-433
世界遺産のアイアンプリッジは ほんとうに歴史を感じるし キレイですねe-420
あらあらご馳走が・・・e-275
これはこれで美味しそうだけど グリンピースがやけに多くないですか・・・e-275
イギリスの信号機e-99
ヒトの背が高くて低く見えてたりしてi-198 イヒヒ~

| ナナッペマル | 2011/07/30 19:22 | URL |

アイアンブリッジと青空に映える街並み・・・とっても素敵ですね♪
お馬ちゃんが歩いていても自然に絵になる街並みがいいわぁ。
日本だと武家屋敷群くらいしか絵にならないですもんね。
サラブレッドって外国から来たお馬ちゃんですもんね。
昔の日本馬ってポニー並みに小さくて、ずんぐりむっくりしてたんでしょ?
イギリスは足長のサラブレッドが良く似合いますね。

グ・・・グリンピースがたくさんだぁ![←グリンピース苦手なもので(^^;)
旅はこういう手違いやハプニングも楽しまないとね。

そうそう、リーディンググラス(笑)のかけ方教えて下さってありがとうございました。
鼻の上に掛けてると、目を上げれば眼鏡を外さなくても遠くが見えるんですね~知りませんでした。
これで縫いものしながらニャンズ観察もできますぅ♪

| oracion | 2011/07/31 10:35 | URL | ≫ EDIT

ナナッペマルさんへ

17名のツアーなのに大型観光バスでしたから
座席も使いたい放題で(笑)
シートベルトは着用ですが
窓ごしにシャッターチャンスを狙っていましたよ

グリンピースも多いけど
マッシュポテトもすごいでしょ?
お皿によって盛られている量がまちまちで
繊細さがなかったです(笑)

信号機はビックリする程低いんです。
歩行者用は手が届きそうです。

| 楓 | 2011/08/01 09:10 | URL |

oracion さんへ

この日はお天気がよかったので
建物が映えてきれいに写りました。
街中で馬を見かけることなんて
しかもサラブレッドのような美しい馬なので感動しました。

グリンピース苦手なんですか!
ウフフ・・・美味しかったんですよ。
下のソースがなかなかGOODでした。

| 楓 | 2011/08/01 09:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nanariri.blog90.fc2.com/tb.php/611-d294128f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT